豊橋、安城の税理士事務所。税務会計、会社設立、独立起業のことなら税理士法人 中央会計社。

税理士法人 中央会計社 株式会社 筒井経営会計

お気軽にお問合せ下さい 受付:平日9:00~17:30 TEL:0532-47-3533

98の壁ってご存知でしょうか?


 忘れがちな98の壁…ボルダリング競技(東京オリンピック採用)の高さではありません。
それならば、103の壁は…となると、ピンときませんか?
 

98万と103万の壁


 年間給与収入:103万円以下の人は、扶養に入ることができ、かつ一般的には税金がかからないと言われています。しかし、そこに到達する前に、給与収入:98万円という見えにくい壁があります。
 実は、本当に税金がかからない壁は98万円なのです。では、103万円との違いは何でしょうか?

違いは住民税

 98万円を超えて103万円以下の場合、所得税(国税)はゼロ円ですが、住民税(市町村への地方税)がかかる可能性があります。
 この差は、所得税と住民税の基礎控除額が異なることによります。

 基礎控除とは、所得から誰でも一律マイナスできる金額です。所得税の基礎控除は38万円、住民税の基礎控除は33万円…この5万円の差額こそ、住民税発生原因になります。
 給与収入:103万円の場合で比較してみます(65万円=最低認められる給与所得控除金額です)。
 所得税:103万-65万-38万=ゼロ×税率⇒所得税ゼロ
 住民税:103万-65万-33万=5万×税率⇒住民税がかかります
 (注)実際には住民税の計算はもっと複雑(均等割や非課税限度額制度)ですが、98万を壁と考えればほぼ間違いありません。
 
 ところで、98万円の壁を超えて103万円以下の人には、住民税の節税方法はあるのでしょうか?
その方法は…次回お知らせいたします<(_ _)>。
                                                 
                                                  
                                                   
ItMama_17513_1.jpgのサムネール画像

税理士法人 中央会計社 株式会社 筒井経営会計 0532-47-3533

地図へ

[本社]〒441-8044
愛知県豊橋市南小池町67番地3

主な事業内容
税務会計、会社設立、経営支援、事業承継