豊橋、西三河の税理士事務所。税務会計、会社設立、独立起業のことなら税理士法人 中央会計社。

税理士法人 中央会計社 株式会社 筒井経営会計

お気軽にお問合せ下さい 受付:平日9:00~17:30 TEL:0532-47-3533

(1)経費削減の目的
 
経費削減は売上を増加させることよりも短期間で効果を上げることができる反面、必要な経費まで削減してしまったり、経費削減自体が目的になってしまうと、経営自体を良くしていこうという意識が低くなりがちです。
無駄な部分と必要な部分を明確化し、無駄な部分のみを削減していかなければなりません。
 
(2)社員への意識付け
 
経費削減の方法は様々ですが、「仕入」「業務管理」「人件費」「金融費用」「一般管理費」「節税」などに大きく分けることができます。
経費削減は社員の協力なしには実現はできません。社員の中には、「会社のお金だから」と、無駄遣いをする人もいます。確かに、直接自分の財布からお金が出ていくわけではありませんから、そう考えるのも不思議ではありません。しかし、会社の利益を上げることは社員の給与にも影響してきます。会社のために工夫することが、社員にとっても良い結果となってかえってくるのです。
経費の削減について社員にも高い意識を持たせることが、会社のため、そして社員のために繋がるのです。
 
 
(3)削減する経費を検証する
 
経費削減と聞いてまずなにを思い浮かべたでしょうか。最近では真っ先に人件費の削減に着手しようとする会社が見られますが、人件費は最終手段といっていいでしょう。
先ほど述べたように、社員への経費削減への高い意識付けを狙うなか、人件費を削減されれば、社員のモチベーションが下がるのは当然のことです。モチベーションが低下し、売上まで下がってしまえば、その経費削減は成功したとはいえません。
経費削減を行う際は、「その経費が業績に対して貢献しているか」を検証し、見極めることが重要です。
 
(4)経費削減は継続しなければ成果は出ない
 
経費削減の実現のためには継続性が必要です。一回でうまくいくとは考えずに、継続してやっと効果が出るものだと理解しましょう。ひとつひとつの小さな積み重ねが結果として利益に貢献します。
また、ルールを決めることも大事です。例えば冷暖房費ですが、個人の感覚で温度調整をするよりは、社内で設定温度を決め、そのルールを全員が守る。徹底したルール作りが経費削減へとつながるのです。
 
次回は、「削減すべき費用を整理する」について解説します。