豊橋、安城の税理士事務所。税務会計、会社設立、独立起業のことなら税理士法人 中央会計社。

税理士法人 中央会計社 株式会社 筒井経営会計

お気軽にお問合せ下さい 受付:平日9:00~17:30 TEL:0532-47-3533

分かれ道~税金がかかる資産? かからない資産? 


 償却資産とは、土地・建物以外で事業用に使用している資産で、単価10万円以上のものです。
 固定資産税の内、償却資産のみ申告義務があるのは、登記制度のある土地・建物と異なり、容易に市町村役場が把握できないからと思われます。
 わかりやすく、以下、対象となるもの・ならないものの具体例を示します。

  
  (対 象 ) (対 象 外)
事業用売電設備   家庭用売電設備
アパートフェンス・舗装 自宅フェンス・舗装
店舗内装設備  自宅内装設備
大型特殊車両   小型特殊車両
少額特例資産  一括償却資産

注意するポイント!


 上記の中で、間違えやすい・申告漏れがしやすいのが②と③です。

 ②は、建物完成後の家屋調査で評価済と勘違いする傾向があります。

 ③は、特に店舗借主が負担した内装設備について、借主に納税義務がある
ことが見逃されがちです。
    また、④について、自動車税・軽自動車税対象資産(ナンバープレートがついた車両)は、事業用であっても、いわゆる償却資産税の対象外です。
 ⑤については、少々説明が必要です。
 

⑤の少額特例資産とは?


 少額特例資産は、単価10万円以上30万円未満の減価償却資産で、一度に全額経費にできるものです。 
 一括償却資産は、単価10万円以上20万円未満の減価償却資産で、3年で減価償却により経費にできるものです。
 これにより、10万円以上20万円未満の減価償却資産は、少額特例資産又は一括償却資産いずれかを選択できます。この判断に当たっては、法人税・所得税といわゆる償却資産税を、総合的に比較検討することをお勧めします。
 
 ここで、償却資産と減価償却資産と、紛らわしくも二種類の表現をしました。
その違いについては…次回お伝えします。

                                                
記事15.jpgのサムネール画像
 
 

税理士法人 中央会計社 株式会社 筒井経営会計 0532-47-3533

地図へ

[本社]〒441-8044
愛知県豊橋市南小池町67番地3

主な事業内容
税務会計、会社設立、経営支援、事業承継